IRON DOG(アイアンドッグ) – 薪ストーブの美山ウッドエンジニア│京都 大阪 滋賀 兵庫

IRON DOG(アイアンドッグ)

取扱いブランド

IRON DOG

IRON DOG(アイアンドッグ)

アイアンドッグを製造するブルナー社は、ドイツ・バイエルンの南東部、オーストリアとの国境に近いエッゲンフェルデンに工場があります。バイエルン地方は、古くからバイエルン公国として栄え、現在も名だたるドイツ企業が本社を置く経済的にも豊かな地。そのため、バイエルン人はおおらかで陽気な気質をもち、「遊び、愉しむ」心が根付いています。

アイアンドッグも、その遊び心が体現された薪ストーブ。その名のとおり、犬をイメージした6 つのモデルは、どこか愛嬌がある小型犬、エレガントな雰囲気が漂う中型犬、どっしりと家族を守る大型犬など、それぞれ個性が光り、心惹かれる魅力を備えています。

また、ドイツはモノづくり大国として知られています。それは、職業訓練制度「マイスター制度」により、中世以来の手工業の技が大切に引き継がれて、優れたマイスター(職人)が生まれてきたからです。アイアンド
ッグも本体からボルト1 本にいたるまで、すべて自社製にこだわった高品質な薪ストーブです。まさにマイスターが高い技術と思いを込めた製品だといえるでしょう。

共に暮らすほどに愛着がわく存在感、使うほどに実感できるその暖かさ。一度その魅力を知ってしまったら「二度と手放したくない」と思わせる、それがアイアンドッグの薪ストーブです。

どこまでも高品質、共に暮す相棒をつくる。IRON DOGの世界

アイアンドッグのストーブは、ただ売るためだけでなく、お客様に満足して使ってもらうために作られた薪ストーブです。そのため、品質やそのパフォーマンス、ディテール、デザイン、薪ストーブの構造から耐久性まで、作り手が持っているすべてのノウハウがつぎ込まれ、本体からボルト1 本にいたるまで、すべてを自社で製作しています。

そして、このストーブのすべてを生み出しているのが、北ドイツ・ドレスデンの北、オルトランダーにあるブルナー社の鋳鉄工場です。創立以来、ヨーロッパ屈指の高品質な鋳鉄を製造することで知られるこの工場では、独自の配合により非常に強度があり、伸縮や膨張ねじれが少ない鋳物が作られています。そのため、通常の薪ストーブのようにセメントで固められることなく、すべてのパーツがネジで隙間なくぴったりと組み立てることができるのです。お手入れやメンテナンスもしやすく、どこか部品が傷んでしまっても、そのパーツのみを交換することも可能。とても実用的に作られた薪ストーブです。

小型でシンプル、優しさ漂う佇まいのNo01、どっしりと家族を見守るように立つNo04、美しい彫刻がまるで芸術作品のように輝きを放つNo05…。アイアンドッグの6つの薪ストーブはそれぞれがとても個性的です。けれども、どこかずっと一緒にいたいと思わせるような安心感があります。それは、その名の通り「犬」をイメージして作られているからかもしれません。アイアンドッグの6機種はすべてDesign.Mattisデザイン・マチスがデザインを担当。彼らは、それぞれの薪ストーブに個性的な魅力を与えるだけでなく、熱エネルギーの効率も考えてデザインしました。

お手入れやメンテナンスもしやすく実用的。

お手入れやメンテナンスもしやすく実用的。

 

100%ドイツ製のクオリティがここに

それぞれのストーブの雰囲気に合わせて、フロントドアやハンドル、レッグをデザイン。炎を映すセラミックガラスの大きさや、空気の調節を行うエアコントロールレバーがそれぞれの個性を引き立てます。

それぞれのボディに合わせて、サイドには畝のようなリブ加工が施されています。この表面構造は、本体の強度を高めるとともに、熱の放出面積を高める役割を果たすという重要な役割を担っています。また、フロントドアの内側にはグラスファイバー製ガスケットを使用し、密閉性をアップ。アッシュパン、ボルトなど部品は、すべて錆びにくい、高品質なステンレススチールを使用しています。

さらにストーブのトップはフラットに仕上げられており、どんな形のケトルやティーポット、ココットでも置くことが可能。料理を楽しむのにぴったりなデザインになっています。

ドアの内側には「Made in Germany」とアイアンドッグのロゴ、燃焼室の奥には犬が刻印されています。高品質なアイアンドッグの薪ストーブであることをここで証明しています。

IRONDOG No2

高効率でさらに環境にも配慮した構造

排気煙量が少なく、そして80%以上の高い燃焼効率を誇るアイアンドッグの薪ストーブは、独自に考案されたエアシステムにより誕生しました。

ストーブの下部から取り込まれたプライマリーエアーは、薪の燃焼を促進させ、一次燃焼で発生した燃焼ガスは前面上部からの空気と混じり合い、二次燃焼が行われます。このとき同時に本体背面部より流れ込む空気と二次燃焼されて残った燃焼ガスが、特殊な形状のバッフルをゆっくりと通り、完全燃焼しながら排気口へと流れていく仕組みとなっています。

このように効率よく薪を燃焼させ、その燃焼ガスを熱エネルギーに変換させることにより、アイアンドッグの薪ストーブの高い燃焼効率は実現しています。

燃焼の仕組みと燃焼空気の流れ

燃焼の仕組みと燃焼空気の流れ

燃焼の仕組み
  1. バッフル:特殊な曲面構造により、後方から三次空気とともに流れてくる燃焼ガスを、空気の流れを整えながら排気口へと導きます。
    ごく細くなったバッフル上部の入口と、天板内部の突起が、さらに排気の流れを遅くさせることにより、完全燃焼が実現します。
  2.  サイドウォール:垂直方向にリブ加工を施した燃焼室内部の側壁も、立ち上がる炎を整流しながら二次燃焼室へと導く役割を果たします。薪が壁に密着して空気の流れを阻まないよう、考案されています。
  3.  ボトムグレート:一次燃焼空気が均一に流れるよう、空気の流入口が配置されています。舟形のグレートの周囲内側は、燃焼ガスの流れを整え、安定した燃焼を促し、また薪が密着して不完全燃焼を起こさないようデザインされています。
  4.  エアコントロールロッド:空気の流入量をコントロールすることができます。バーを引くことで調節でき、誰でも簡単に操作することができます。
燃焼空気の流れ
  1. 一次空気は直接ストーブ下部へ取り込まれ、穏かに薪の燃焼を促進させます(❶)。薪の上層部から可燃性ガスを揮発させることにより、炎を美しく立ち上げることができます。
  2.  空気の通り道で十分に暖められた二次空気(❷)は正面側から奥側に向けて供給されます。同時に正面ガラスをきれいに保ちます。
  3. ストーブ本体背面部より供給される三次空気(❸)は、高温になった燃焼室上層部に直接送り込まれます。これにより、燃焼ガスの完全燃焼が促進されます。
  4. バッフル上部の入口からゆっくりと、完全燃焼しながら、排気口に向けて排出されます(❺)。

職人たちの知識と技術により造り上げられたアイアンドッグの薪ストーブ。その実力は、ハイパワーな暖かさで実感してください。

IRON DOG No2

IRON DOG No2

 

IRON DOG No3

IRON DOG No3

 IRON DOG No04

IRON DOG No04

 

IRON DOG No6

IRON DOG No6

 

 

IRON DOG(アイアンドッグ)スペック一覧

IRONDOG スペック一覧

IRON DOG(アイアンドッグ)公式サイト

商品詳細はこちらをご覧ください。(外部サイト)

IRONDOG公式サイト

今すぐ美山ウッドエンジニアへ!
実際にストーブを見て、触って、体感してみてください。

私たちは、お客様にショールームへお越しいただき、実物を見て、その質感を確かめていただくことが大切だと考えています。そして、薪ストーブを目の前にの特長、性能について詳しくご説明。また、家の構造や間取りなどをお伺いしながら、お客様に合った薪ストーブをおすすめします。

ショールーム予約

関連記事一覧