ランニングコストは高い? – 薪ストーブの美山ウッドエンジニア│京都 大阪 滋賀 兵庫

ランニングコストは高い?

薪ストーブについて

ランニングコストは高い?

ランニングコストは高い?

薪ストーブの燃料となる薪。ランニングコストはどれくらいかかるのでしょうか。薪は電気や石油のようになじみのあるものではないので、どうしても不安になってしまいます。

例えば、灯油と比較した場合、発熱量(MJ)のみで考えると、薪 1MJ あたり2.77 円(※ 1 束あたり302 円税込) ※一般的な薪価格より算出、灯油 1MJ あたり1.98 円(現在の灯油価格86.2 円/ℓより算出)という計算になります。コストだけ見ると薪の方が高いですが、「本当に暖かい?」でも述べたように薪ストーブとファンヒーターでは暖かさを感じさせる仕組みが異なり、同じ発熱量でも体感的には薪ストーブの方が暖かく感じます。そのため、灯油と同等または少し高いくらいとイメージすればよいでしょう。

もちろん薪を無料で手に入れられれば、ランニングコストは0円になります。薪を作るためのチェーンソーや斧といった薪割り道具を揃えても長い目でみると元はしっかりとることはできるでしょう。あと必要なのは労力ですが、薪は「自分で作れる最も簡単なエネルギー」です。そう考えると大変さも楽しみに変わるのではないでしょうか。

ただ、すべてを無料の薪でまかなうのは簡単なことではありません。薪作りと購入を上手に組み合わせて、無理なくコストダウンしたいですね。

そのほかメンテナンスや薪の購入サービスについてはこちら

地域密着のアフターサービス

今すぐ美山ウッドエンジニアへ!
実際にストーブを見て、触って、体感してみてください。

私たちは、お客様にショールームへお越しいただき、実物を見て、その質感を確かめていただくことが大切だと考えています。そして、薪ストーブを目の前にの特長、性能について詳しくご説明。また、家の構造や間取りなどをお伺いしながら、お客様に合った薪ストーブをおすすめします。

ショールーム予約

関連記事一覧