DUTCHWEST(ダッチウエスト) – 薪ストーブの美山ウッドエンジニア│京都 大阪 滋賀 兵庫

DUTCHWEST(ダッチウエスト)

取扱いブランド

dutchwest

DUTCHWEST(ダッチウエスト)

1974年、ダッチウエスト社は、ブルース・マッキニーによりアメリカ・マサチューセッツ州に設立されました。当時は暖炉と開放式の薪ストーブが市場の大半を占めていましたが、十分な暖かさを得られるものではなく、さらに排煙による大気汚染が問題になり始めていたころでもありました。そこで、マッキニーは燃焼効率がよく、排煙が少ない薪ストーブの開発を始め、それまでになかった鋳物製・密閉型で、現代型ストーブの原型となる「フェデラルコンベクションヒーター」が生まれました。

1984年には、世界で初めて「キャタリティックコンバスター(触媒)」を搭載したストーブが誕生。これは一次燃焼、二次燃焼ののち、未燃焼ガスを触媒に通すことで熱エネルギーを取り出し、クリーンな排気を実現するというもの。これまでにない優れた薪ストーブの誕生は薪ストーブ業界に革命を起こしました。

現在、アメリカでは排煙に関する厳しい基準が「EPA(アメリカ合衆国環境庁)」により設けられていますが、ダッチウエスト社の製品はすべてこの基準クリアした、高品質かつ環境にやさしいものばかりです。

密閉型の薪ストーブ、そして触媒の開発など、これまでの薪ストーブの技術進歩を牽引してきたダッチウエスト社。これらの技術を搭載したモデルは現在も多くの人に愛されるロングセラーとなっています。

 

Federal Convection Heaters

Federal Convection Heaters(フェデラルコンベンションヒーター)

 

Seneca

Seneca(セネカ)

 

Enlight

Enlight(エンライト)

 

DUTCHWEST(ダッジウエスト)スペック一覧

DUTCHWEST(ダッチウエスト) 公式サイト

商品詳細はこちらをご覧ください。(外部サイト)

今すぐ美山ウッドエンジニアへ!
実際にストーブを見て、触って、体感してみてください。

私たちは、お客様にショールームへお越しいただき、実物を見て、その質感を確かめていただくことが大切だと考えています。そして、薪ストーブを目の前にの特長、性能について詳しくご説明。また、家の構造や間取りなどをお伺いしながら、お客様に合った薪ストーブをおすすめします。

ショールーム予約

関連記事一覧